近い未来は代表の国際化

日本はテニス界の大坂なおみ選手フィーバーですね!

女子テニスは男子テニスほど見ないんだけど、今回のUSオープン決勝はやっぱり見ちゃったね。

セレーナ?ウィリアムズの審判とのやり取りのあとよく崩れずに耐えたなぁって感心しています。

ああいう時こその強い精神力。

今後の活躍に期待ですね、楽しみ!



さて、日本には外国人の来客数がどんどん増えているらしいけど、そうなるとこれから国際結婚も増えていき、サッカーの日本代表のイレブンのほとんどがハーフの選手で埋まるなんていう、最近のドイツ代表みたいなことになっていったり?

日本人のメンタリティはすごい粘りがあって規律に従ってプレイする良い面もあるけど、それ以外に人に譲るという優しい性格があったりとサッカーでは時にその性格が邪魔をすることがあるよね。

譲り合うというのは日本のメンタリティでは当たり前のことだけど、サッカーの世界ではそれは良くないこと。

ドイツではそれは優柔不断に見られる傾向があるよね。

例えばボールウォッチャーな時に味方同士が譲り合って結局その間に相手にボールを取られる。

あれは日本人の性格から自然と出てしまつもの。

たまに他の国の選手もやってるところを見るけど、ドイツ人はそんなことはまったくしない。

何故ならまず譲ろうとしない。笑

それからしっかりと瞬時にコミュニケーションを取るから。

先に「Meiner 俺のボール!」とか「Eins! スルー!」とかでかい声でいうからあとに来る選手は諦めがつくというか、先に言ったもん勝ちみたいな流れになるよね。

日本人選手でも声を出す子もいるけど、その声が明らかに小さい。

もっと自分が取るか取らないか瞬時に決めてはっきり声を出せるようになってほしいと思います。

話が反れたけど、そういう面でハーフの選手、また帰化する選手が増えると他国のメンタリティを注入できて日本も強くなっていくんじゃないかな。
それに対して純日本人も負けてらんねぇーってなるだろうし。

そんな混合チームができる日は来るのかなぁ。

楽しみです^^




ハードなトレーニング期間を終えて

ここ最近のドイツは猛暑も終わり過ごしやすい日々が続いていますが、蜂の大量発生で好きなカフェが外でできません。(泣)

本当に沢山いて外で何かを食べたり飲んだりしたらすぐに彼らたちが現れます。

外ではそんなこんなで、中に入れば冷房がないところが多いから暑くて居心地悪いし。。

さらにサッカーグランドにも現れるぐらいで、チームメイトも何名か刺されちゃったみたいで、、、可愛そうに。

自分の昔を思い出すと小学校時代に遠征で清水まで行ったときに試合中、しかもPK戦の中、待っている間に蜂に刺されてPKを蹴るどころではなかったのを思い出します。笑

みんな刺されないようにうまくやりくりしながらカフェを楽しみましょう?




さて来週から新シーズンがスタートします。

今年もハードなプレシーズンでした。

2週間で練習(or試合)を計17回とかなりハードな追い込みをこなし、なんとか怪我なしで乗り越えることはできました。

そのあとは日射病らしきものに軽くかかったり胃の調子が悪ったりと相変わらずいつもの疲労で免疫力が落ちている間に起きる生き地獄が今回は約11日間ほども続きました。

体がまったく機能せず練習はもちろんのこと、普段の生活をするのも苦しい日々でした。

でもやっと先週末ぐらいから調子が戻り腰回りの筋肉が付き、力も入るようになり体も絞れてきたかなってところです。

あとはこれから俊敏性を戻すことに専念してキレを戻していければ順調かな^^

毎年どんどんきつくなるシーズン前のトレーニングだけど、これもこれから試合で活躍すること、勝利を味わうことのためなのでそれを思えば大したことないですねー!

来週からのリーグ戦が待ち遠しい。

頑張ります!




サッカーという素晴らしいスポーツの中で

ワールドカップがフランスの優勝で幕が閉じました。
そして新シーズンの練習が今日からスタート。
自分は今シーズンも同じチームで続けることに決めました。
降格してカテゴリーは一つ下がったけどまた1年ボールを追いかけていこうと思います^^

ワールドカップではたくさんの感動をもらったし改めてサッカーというスポーツの影響力を感じました。
国を背負って最後まで諦めずに走り続ける選手達に感動を与えてもらえました。
サッカーはいつまでもたくさんの人達に感動とパワーを与え続けるスポーツです。
サッカーを通じてこれからも色々なことに関わっていければいいなと思います。

これから新しいシーズンが始まるけど、自分のチームも含めたくさんのことを発信していきます。

今後の日本サッカーにも期待ですね!

Tokio9


2017/2018シーズン完

今シーズンも先週の日曜で終わりました。

今シーズンは残留争いが続くとても辛いシーズンであって最終節まで続いた残留争い、最後まで粘ったけど残留はできませんでした。

最終節は自分の誕生日であってバースデーゴールを達成し、試合も勝利したのにチームは降格。。

悔しいけどこれが現実。

毎試合の勝ち点の積み重ねがどれだけ大事かを思い知らされた結末。

最後の方は結構勝ち点を積み重ねることができてたからね。

結果的に見ると前期がちょっと良くなかったのかな。

それにしても長いシーズンだったな、今シーズンも。

シーズンが終わり一週間は心の中身が空っぽになって、気が抜けたら疲れもどっと出てきて物事を考えることがとても難しかった一週間でした。

ワールドカップも始まったけどなんとなくぼーっと見ていた感じ。

今後についてはまだ考えれてないけどもう少し経ったら真剣に考えないとね。

とにかく言えることは真剣勝負のサッカーは本当に楽しい!

シーズンが終わると凄まじい忙しさ、プレッシャーから解き放たれるけど、数日経つとすぐにそれらが恋しくなる。

サッカーのない生活はどうなるんだろう、、、

I love football

間違いない!



Tokio9

2017年を振り返って。

早いもので今年ももうすぐ終わろうとしてますね。

 

2017年はどんな年でしたか?

 

今年は自分にとって年男でした。

 

そして社会人として一年まともに働いた初の年でした^^;

 

その中でサッカーも相変わらず続けていたけど、サッカーができなくなると嫌だなぁってより感じた年でした。

 

そんな中過ごしてきた2017年は大人になってから一番忙しかったと感じる年でした。

 

今振り返ると、日々の地道な努力の大切さをとても痛感しています。

 

上半期はその地道な努力を惜しまず続けていたことが結果に現れました。

 

時には忙しい中、朝起きてすぐ体幹してたし、23時からランニングをしに行ったこともあるし、夜中0時ぐらいにジムに行ったときもありました。

 

それがいいことかどうかはさておき、やるべきことを続けるということがとても大事ですね。

 

下半期は仕事が忙しいなどの理由を作ってサボりがちな週が出たりとそれでコンディションを落としていき気付くとプレイのキレが上がらないで終えてしまった半年でした。

 

結果は個人的には13試合3ゴール。

 

上半期に比べるとひどい数字ですね。

 

内容はもっとひどいんだけど、ここでは書きません。笑

 

チームはぎりぎり降格圏外と危ない位置にいます。

 

良い試合もすれば悪い試合もする波の激しいチームでした。

 

もったいない勝ち点のこぼし方をした試合もあるのでもう少しうまく戦えていたらもっと順位は上にいたはず。

 

シーズン後半戦はもっとその辺チームとして一つになり同じ目標を持って戦って行きたいですね。

 

個人的にはこの中断期間にしっかりと充電して、また体を作り上げしっかりした準備をしてまた日々前進していければと思います。

 

 

それではまた。

 

TOKIO9

 

 


日本人が日本人の評価を下げている現在

周りはどんどん新シーズンが始まってきてるね。

自分は今シーズンも今のチーム、ヒラルマロッコ・ベルグハイムでプレイすることに決めました。

チームは来週月曜から始動。

たくさんの選手が出ていき、新しい選手が加入してるけど、初日の練習がとても楽しみだね。

このチームに冬に入って半年、12試合プレイして13ゴール決めることができ非常に良い結果を残すことができ、チームも残留できて良い半シーズンを過ごすことができました!

でも新シーズンはもっと良いシーズンにできるようにこれから準備していこうと思います。



では今回のブログのテーマだけど、、

今ドイツには簡単にサッカーしに来れる環境が整っているよね。

ドイツは他の国に比べて日本人にとってまず断然生活しやすい。

外国人枠の問題がない。

チームからの受け入れも悪くない。

サポートしてくれる人間がたくさんいる。




ただこんな状況でアマチュアリーグレベルである悪い現象が起きてる気がする。

それは、



日本人が日本人の評価を下げている。



今ドイツにはたくさんの日本人サッカー選手がプレイしてる。

そして毎年のようにたくさん新たな選手が日本から来ている。





でも残念なのがその中で活躍している選手はごくわずか。



何故?




それは俺が思うに自分の能力を自分自身が理解できていない選手が多いからだと思う。

できるだけ上のリーグでプレイしたいという選手が多いし、その気持ちはサッカー選手として俺も理解はできるけど、それには順路がある。

実力、準備が整っていないのに上のリーグを目指しても活躍できないのは目に見えてるよね。

もちろんその中でもチャンスはあるからその僅かな可能性をものにできる選手もいなくはないけど。

でもその僅かな可能性をつかめる選手なんて本当に僅かだよ。

そして上のリーグでプレイしたいと思う選手がたくさんいることによってそれが伝染してしまう悪い循環が起きている。

知り合いが上のリーグでやってるから俺もやりたい、またあいつができるなら俺もできるなんて思ってしまう選手もいたり。

いや、もしかしたらあいつがプレイしてるから俺もそのレベルのリーグでプレイしないとかっこ悪いなんて思う選手もいたり?



海外でサッカーをやるのはそんな簡単じゃない。

でも今ドイツにいる日本人達はちょっと海外サッカーを甘く見がちなんじゃないかな。

ドイツは日本人にとって他の国に比べるとかなりやりやすい国だからなんだかんだやれてしまう環境なんだろうけど、現状こんなに日本人がたくさんいるのに所属チームで活躍できている選手は本当に少ない。

このような悪影響により、日本人の価値もどんどん下がってきている。



まずドイツ語が話せない。

上手いけど、試合でそれを活かせない。

自分を過大評価している。

そんな選手ができるだけ上のリーグを目指そうとしてもうまくいかないのがほとんどに決まってる。

日本でしっかりドイツ語取得してなおかつドイツサッカーを理解してドイツに来るなら最初から上を目指してもかまわないと思うけど、まったく準備もせずにいきなりできるだけ上のリーグ行きたいなんて思ってる選手は持って滞在は1, 2年だろうね。

これはあくまでも7年ドイツに住んで色々見てきた中で、感じている俺の勝手な考えだからどこまで合ってるかどうかはわからないけど、少なくとも俺はそう感じてる。

予想だけどこれからのドイツでの日本人選手の立場はこのまま行くとどんどん悪くなっていくだろうね。

それを防ぐためにも少しでも身近にいる選手たちからでも活躍できるように導ければいいかなと思って今回はこのようなことを書きました。

結局は試合で活躍することが一番大事。

上のリーグに行くことが目標じゃない。

上のリーグに行って活躍することが目標になるように。

それには明確な順路がある。

それを間違わないように進んでほしいと思います。



では。


Tokio9

グルテンフリー

今日はチャンピオンズリーグ決勝。

 

とても楽しみな試合。

 

毎年だけど、なんかいつもわくわくしてしまう。

 

この試合は個人的にはイタリアサッカーの復活のためにユーべに勝ってほしいね。

 

 

 

ということで今回のブログはもうすぐ試合が始まるってことでぱぱっと書こうと思うけど、

 

怪我明けの試合は自分は後半から出たけど、ひどいコンディションで自分のパフォーマンスのひどさに

 

爆発してしまうぐらいイライラしてしまったね。

 

試合も負けてこの日は最悪な日になってしまった。

 

でもそのあとの試合は2試合連続でゴールでき試合も1勝1分け。

 

コンディションは相変わらず上がらずだったけど、大事な場面での集中力はうまくキープできたし

 

いいところでゴールも決めることができたね。

 

1年試合にほとんど出ていなかったブランクもこの半年でだいぶ消えてあとはこの歳での良いコンディションキープを

 

どれだけうまくキープできるかがこれからのテーマかな。

 

そこに手助けをしてくれそうなもの、これからちょっとはじめてみようと思っているグルテンフリーの食事法。

 

麦入りの食品を取らない食事法。

 

有名どころではテニスのジョコビッチやモデルのミランダカーなどの有名人が取り入れてる有名なグルテンフリーだけど、

 

これをすると大好きなラーメンやパスタが食べれなくなる。

 

それは自分にとってすごい大きな影響になるんだけど、確かになんとなく体が重くなる気もするから

 

もしかしたら小麦は俺の体に合わないかもしれないね。

 

一度やってみて様子を見ようと思うけど、続くかな?

 

パスタは最近グルテンフリーのパスタがあるみたいだけど、大好きすぎるラーメンに関してはまだそんなものは

 

聞いたことがない。それにグルテンフリーの麺で食べるラーメンなんて美味しいとは思えない。。。

 

とりあえずいきなり全てを辞める事は難しいから少しずつ、まずは家での食事をグルテンフリーにしてみて

 

すこしずつグルテンフリー化してみようと思います。

 

 

ではチャンピオンズリーグ観戦を楽しもうっと。

 

 

 

チャオ!

Tokio12

 


油断は禁物

昨日のチャンピオンズリーグ

アトレティコの出足は物凄くてパワフルだったね。
あんな調子が90分持てばどこにも負けないんだろうけど、やっぱり途中からペースが落ちてきてプレスが間に合わなくなりレアルに回されるようになってしまったね。

ベンゼマが三人に囲まれてでも抜ききってゴールにつながるチャンスメイクをしたのが大きいね。

ああいうところでのこの力はすごいなぁって思う。

ところでロナウドはあまりキレがなかった感じだったけど、やっぱ今回週末にたっぷり休養したのが影響したのかな?

それとも休ましたのは決勝にベストコンディションを持っていくためでこの試合はロナウドにとっては通過点だったり?

もしそれが本当ならそれはロナウドの判断なのか?ジダンの判断なのか?

まぁどっちにしろ最近のレアルは勝負強いね。

、、、ただメッシを抜いてね。




さてさて、自分はというと先週の半ばに調整に失敗して怪我をしてしまった。

ランニング中にふくらはぎに痛みを感じてそれが治らず先週末の試合は試合前のアップ中に諦めて欠場。

情けないことだけど油断から起きた自分のミス。

調子いいときほど気をつけないといけない怪我なんだけど、それを避けることができなかった悔やむ出来事でした。

油断は禁物。

その通りだね(泣)

でもチームは最高のプレイをして上位にアウェイで勝ち大きな勝ち点3を獲得。

特に前線の選手達は圧倒的なパフォーマンスを見せてくれました。

俺は今はたくさん点を取れているけど、それに危機感を感じている同じポジションの選手の活躍、すごい嬉しいしそうやって相乗効果でチームは強くなる。

今後も一緒に残留確定するまで一緒に頑張っていきたいね!




話は変わり先日は久しぶりにマリノスユースの時のコーチだった坪倉こと、坪さんがデュッセルドルフまで会いに来てくれました。



フォルトゥナデュッセルドルフの試合観戦



ボルシアドルトムント対ホッヘンハイムの上位対決の試合観戦



当時はたくさんお世話になったんだけど、実は坪さんは俺がイタリアにいた頃も会いに来てくれました。

本当にサッカー大好きな人で、今はマリノスジュニアユースの監督をしていますが冬から1年間ベルギーのアンダーレヒトのチームに滞在というプロジェクトでこっちに来ています。

なので毎回のように大きな試合がある度にサッカー話で盛り上がってます。

次は俺がアンダーレヒトまで遊びに行こっと^^




それではまた
ちゃお!

Tokio12

2度目のハットトリック

今日は祝日。

かなりゆっくりした時間を過ごせていてとてもリラックスできているね。

久々にビリヤードをやったり、長風呂で昨日の試合の疲れを取ったり、カフェしたりと。

仕事を始めてから祝日の大切さを見にしみているね。

今月はもう一回祝日が中旬にあるから最高!



さてさて、リーグのほうはというと、

先週ブログを書いた日の試合は、上位相手にアウェイで見事に勝利。

なかなか体が動かず個人的にはかなり苦しい試合だったんだけど、そんな中でもゴールして勝利に貢献できたことは大きいね。

最近イメージしていたセットプレイの入り方。

なかなかセットプレイからゴールを決めれていなかったしどうしたらゴールに繋げられるか、どうフリーランをしたらいいかビデオ見たりイメトレしたりしていた中でやっとそれが実ったゴールでした。

ボールが来るまでは特に力を入れずにフラフラして、いざボールが入ったときにその軌道の方へ入りながらポジショニングをうまく取ることによってボールに触れるチャンスが上がる。無理ならそのあとのこぼれを想像して動き出す。

このゴールはそのこぼれを拾い押し込んだゴールでした。

最初にいいところに入っていけたのが良かったなと思う。



そして昨日は古巣のチームとの対戦。

今のチームの前のチームなんだけど、一年間不甲斐ないプレイで退団したチームだからどうしても自分はできることを証明したかった。

特にこのチームではFWをやらせてもらえず苦しんだ分ゴールしてやろうという気でいたね。

それが余りにも強くて、それが試合に完全に結果として繋がったハットトリック。

とにかくゴールに向かうプレイを心がけたんだけど、そこに味方達がすごいいいパスを3度もくれたおかげでゴールできたよ。
感謝だね!

でも試合はロスタイムに決められちゃって負けちゃった。

またも悔しい負け方だね。

まだまだ経験不足なプレイの運びが目立つチームだからしょうがないけど、この経験をちゃんと次につなげたいね。

昨日も実はコンディションがベストなわけじゃなかったんだけど、ゴールへの感覚がかなり戻ってきたからすごくイメージ通りにゴールまで持っていけるね。

まだまだゴールへの欲はたくさんあるからこのあとの試合も貪欲に狙っていきます。

次の試合も上位チームとの対戦。

踏ん張り時。

頑張ろう!






今日はこの辺で。

Tokio12


試合勘の回復

先週の連休はなかなかつらい出来事から始まったけど、連休最終日の試合は自分は2ゴールでき、チームも勝利しいい連休の終わり方ができた。

 

今は残留争いの中でとにかく勝ち点を少しでも稼いでいくことが必要でこの勝利はかなり大きいね。

 

今日は上位との試合。

 

チームは勝利し勢いに乗ってるはず。

 

どういう結果になるか楽しみだ。

 

 

 

今回少し話したいことがある。

 

『試合勘』

 

について。

 

長いこと連続して試合をこなしていなかったからそのとても大事なものを失っていた。

最近やっとその大事な大事な感覚が戻ってきたきがする。

その中でとても大事な感覚の一つ

 

 

【シュートするときのボールへのミート感】

 

 

シュートをしてもしっかりミートした感覚が全くなく、しまいには打つときにすでに入る気がしないことが多かった。

それも消えて今は自信持ってシュートを打てるように戻ったね。

シュートを打つときにボールをしっかり取られるミートする良い感覚があるときはシュートもよく入る。

調子のいいときによく感じる感覚だよね。

そういうのを失っていたよ。

 

 

 

 

それからもう一つの感覚

 

 

【ボールを受けるときに相手がどこにいるか感じる感覚】

 

 

ボールを受けるときにその感覚がないと簡単にボールを取られてしまう。

なぜならその感覚がない分相手が寄せてくるボールを隠すのが遅れるし、体や腕を使うのも相手が来たのを遅く気づいてからだからそれではもう間に合わない状況になってしまう。

その感覚も戻り今では相手に取られづらいところにボールを置くこともできるように戻ってきたし、体や腕をうまく使って間合いを保つこともできるようになってきた。

普通にできることだったことも試合から離れてしまうことでできなくなってしまっていたみたいだね。

自分が本当に下手だなって思うようになってたし、もうサッカーやりたくないっていう気持ちにもさせるぐらいボール扱いがひどかったよ。

試合勘っていうのは感覚的なものだから簡単に身に着けられるものではないし長いことサッカーをやってきて覚えていくものだと思うけど、失うこともあるんだなって思った。

それでまた戻ってくるっていうのもあるんだね。

今それを自分自身ですごい感じていて、これからもっと戻ってくるのかなぁっていう楽しみの中にいるのですごいサッカーをやってて楽しい。

 

ということで今日の試合も楽しんできます。

 

ではまた。

 

 

 

Tokio12


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM